名古屋で税理士をお探しなら、近藤正臣公認会計士・税理士事務所にお任せください

会社設立、起業支援、創業融資の専門家

近藤正臣公認会計士事務所

〒461-0022 名古屋市東区東大曽根町24-4 野村ビル1階

シンコク  ナゴヤ 

0120-459-758

営業時間

月~金 9:00~17:30

お気軽にお問い合わせください

会社設立日はいつにすればいい?

会社を設立する時、設立日はどのように決めたらよいですか?という質問を受けることがあります。

縁起のいい日にする

縁起のいい日ということで「大安」の日を設立日にすることが多いようです。それはもちろんその方がいいです。縁起をかつぐことも大事です。

設立日を2日以降にして均等割を削減

もう一つは税金の面からのアドバイスです。
例えば、3月決算の会社を設立する際、4月1日~3月31日までの1年間が事業年度となりますね。

その場合、キリのいいところで4月1日を設立日としたいところですが、この場合は4月2日以降にした方がいいんです。

その理由は・・・。

会社を設立すると、黒字であっても赤字であっても、住民税の均等割という税金がかかります。
名古屋市に会社を設立した場合、県民税が21,000円、市民税47,500円です(資本金1,000万円以下の場合)。

この住民税の均等割ですが、1事業年度が12ヶ月未満の場合は月割り計算になります。そして、ここがポイントとなるのですが、1ヵ月未満の端数は切捨てとなります。

したがって、4月2日に設立すると、第1期は11ヶ月と29日となり、29日の端数は切り捨て、11ヶ月になります。

よって、県民税は21,000円×11/12=19,200円となり、
市民税は47,500円×11/12=43,500円となります。

設立日を4月1日にしたら68,500円かかるところが、4月2日にしたことで62,700円となり、5,800円安くなりました。少しですが見逃さないようにしましょう。

選ばれる5つの理由

会社設立サポートプラン

起業スタートパック

お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご相談はお電話・メールにて受け付けております。

名古屋の税理士へのお問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせください

こんな方にご相談いただいています
  • 創業1年目~10年目の経営者様
  • 30代~40代の男性経営者様
  • 売上をさらに伸ばし成長していきたい経営者様
  • 資金繰りの不安を解消したい経営者様

どのようなお悩みのご相談でも結構です。
あなたさまからのご相談をお待ちしております。

お急ぎの方、お電話でのお問合せの方はこちら

受付時間:9:00~17:30(土日祝を除く)

ご相談内容の例
  • 税務処理を行うだけでなく、会社の成長に関わってくれる税理士を探している
  • 売上をアップするためにはどうすればいいかアドバイスがほしい
  • 社員のやる気を上げて業績をアップさせる方法を教えてほしい

お問い合わせはこちら

税税理士へのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-459-758

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

ご契約事例