名古屋で税理士をお探しなら、近藤正臣公認会計士・税理士事務所にお任せください

会社設立、起業支援、創業融資の専門家

近藤正臣公認会計士事務所

〒461-0022 名古屋市東区東大曽根町24-4 野村ビル1階

シンコク  ナゴヤ 

0120-459-758

営業時間

月~金 9:00~17:30

お気軽にお問い合わせください

近藤正臣からのメッセージ

公認会計士・税理士

所長 近藤正臣
(公認会計士・税理士)

はじめまして。近藤正臣公認会計士事務所の近藤正臣です。

当事務所は、名古屋市の30代~40代の社長向けに、売上アップ、お金の不安解消、人材育成の3つの観点から戦略的アドバイスを提供し、会社が成長して行くためのサポートを行っています。

会社経営はプロ野球チームがペナントレースを戦うことに似ています。
みなさんは野球は好きですか?
私は小学1年生の頃から中日ドラゴンズ一筋で応援し続けています。

 

応援しているプロ野球チームが試合に勝つとうれしいのと同じで、会社経営を行っていくうえで、会社が黒字になれば社長さんはうれしいと思います。

月次で黒字になり(試合に勝利し)、それが毎月続けば(連勝すれば)さらにうれしい。そして年間で黒字になれば(リーグ優勝したように)きっと嬉しいことと思います。

会社経営では試合に負ける(赤字になる)時もありますが、どうすれば勝てるかの戦略を立てて、試合に勝てる(黒字になる)チームに、さらには連勝を続けられるチーム創りをしていくことが重要です。

毎月黒字を続け、黒字決算で1年を終える状態に会社を成長させるには、新規顧客を獲得し、売上をアップさせていかなければいけないし、お金を貯めながら、次の設備投資や人材への投資をするために資金繰りを見越して、資金が足りなければ借入をするなどして工面していかなければいけません。
また、いい人材を集めても、チームメンバーがバラバラの状態では業績はアップしていかないので、目標に向かって一丸となるようにメンバーを導いていかなければいけません。

野球で言えば、
・ファンサービスを充実し、球場を観客で満員にする
・選手の練習設備の充実、球場の改修
・高額な年俸の優秀な選手の獲得
・試合に勝てる戦略を練る
・1番打者が塁に出る、2番打者が送りバント、3番打者がタイムリー、4番打者がホームラン
というように、場面に応じて各選手が個性を生かせるような配置
・野手が連携してダブルプレーをとったりといったチームプレー
といった感じです。

社長はチームの監督で、社員が選手です。

監督である社長がチームの指揮を執り、選手である社員を育てながら、日々の試合に挑み、黒字決算という優勝を目指す。

そんな中で、キーとなるのは、やはり、売上、お金、人材です。
これらのどれが欠けても事業はうまく行きません。

会社が黒字決算という優勝をつかみ取り、さらには連覇し続けられるよう、
売上、お金、人材の面で適切な経営判断をしていけるよう、名古屋の同年代の社長をサポートしていくことが私たちの役割です。

公認会計士だからご提案できる、あなたの会社のチーム戦略。 
創りたいのは、社員と会社と社長であるあなたの 
誰よりも幸せな未来です。

公認会計士 近藤正臣

近藤正臣プロフィール

代表者である近藤正臣のプロフィールをご紹介します。

公認会計士・税理士。
近藤正臣公認会計士事務所 所長

株式会社アクセルコンサルティング 代表取締役。

1974年7月 三重県いなべ市生まれ。名古屋市在住。

 

社長をお金と人材の悩みから解放し、業績アップをサポートする戦略会計コンサルタント。

 

会社というプロ野球チームを連勝できる体制へ、連覇できるチームに成長させるため、会社で巻き起こる「お金」と「人」の問題に対し、

  1. 過去の数字を見るだけの「過去会計」ではなく、未来の数字を見ながら、社長の将来の意思決定の判断基準や根拠を裏付けする「未来キャッシュフロー経営」で実践を後押しする。
  2. 採算意識のない社員に、会社のお金の構造をわかりやすくレクチャーすることで社長と社員の情報量の差(危機感のズレ)を縮め、目標に向かうベクトルを合わせる。
  3. 社員の個々の能力を向上させながら、社員同士のチームワークを強化して、業績をアップさせる。

といった役割を担うことで会社の成長と発展に貢献している。

 

三重県の片田舎の自営業の家庭で育ち、将来は親の仕事を継ぐため、理系に進むつもりでいたが、将来、自分がその仕事をやっている姿がどうしてもイメージできずに悶々とした日々を過ごす。悩みに悩んだ結果、「数字を扱う仕事がしたい」と、高校2年の1月1日、公認会計士になることを決意する。


大学3年から公認会計士受験のため専門学校に通い、1日15時間を超える猛勉強を続け、大学4年時に1回目の受験をするも不合格。名古屋大学経済学部卒業後、半年間の受験浪人を経験し、2回目の受験で涙の合格。


1997年10月、「監査法人 伊東会計事務所」に入所。

上司・先輩に鍛えられ、上場企業監査の現場責任者も任されるようになる。
監査法人在籍時は東証一部上場の製造業、商社、電力・ガス会社、小売業や、地元銀行・信用金庫、学校法人等、多岐にわたる業種の会計監査に携わる一方、非上場の中小企業の会計指導も行い、上場企業とは違う中小企業の経営実態の厳しさを知る。

 

そのような中小企業を「数字を使って経営をサポートしたい」という思いが強くなり、9年間の監査法人勤務にピリオドを打ち、2006年7月、近藤正臣公認会計士事務所を開設。同時に税理士登録。

 

日本を代表する経営コンサルタント・和仁達也氏に師事し、キャッシュフロー経営コンサルティング、ビジョナリー経営コンサルティングを習得。税務支援のみならず、経営コンサルティングにも力を入れている。

 

売上アップ、お金の不安の解消、人材育成など会社経営でつまづきやすい3つのポイントをトータルでカバーし、クライアントに最適なアドバイスを行うことを得意とする。

 

クライアントからは、「ここまで成長できたのは近藤会計のおかげ」、「近藤会計のサポートがなかったら今のわが社はない」との声も多く、とことん寄り添った真摯な姿勢が評判。

 

クライアントに成果を出させ、ビジョンを実現することに情熱を注ぐとともに、自らの人生も最高に楽しめるようなライフスタイルを実践している。

 

経歴・資格

  • 1974年7月、三重県いなべ市生まれ
  • 監査法人伊東会計事務所、中央青山監査法人を経て、近藤正臣公認会計士事務所創業
  • 公認会計士、税理士
  • 日本公認会計士協会 東海会所属(第16324号)
  • 名古屋税理士会 名古屋東支部所属(第105734号)
  • 経済産業省認定 経営革新等支援機関

選ばれる5つの理由

事務所概要

お客様の声

お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご相談はお電話・メールにて受け付けております。

名古屋の税理士へのお問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせください

こんな方にご相談いただいています
  • 創業1年目~10年目の経営者様
  • 30代~40代の男性経営者様
  • 売上をさらに伸ばし成長していきたい経営者様
  • 資金繰りの不安を解消したい経営者様
  • 社員30名以下の会社でチーム力UPにお悩みの方

どのようなお悩みのご相談でも結構です。
あなたさまからのご相談をお待ちしております。

お急ぎの方、お電話でのお問合せの方はこちら

受付時間:9:00~17:30(土日祝を除く)

ご相談内容の例
  • 税務処理を行うだけでなく、会社の成長に関わってくれる税理士を探している
  • 売上をアップするためにはどうすればいいかアドバイスがほしい
  • 社員のやる気を上げて業績をアップさせる方法を教えてほしい

お問い合わせはこちら

税税理士へのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-459-758

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

ご契約事例